カテゴリー

チャンネル名

キーワード

ジャンル検索

easy my web 新着記事

記事一覧を見る

今週のコラム
 

No.712 エリート学生が頭だけでなく体を使って動物に挑戦!――『再現チャレンジ!動物なりきりマシン』

 桜の季節になると、蜜を求めて小鳥たちが花に集まります。緑色の小さな鳥を見かけたら、それはメジロです。体重はなんと、たったの10gほど。軽くてちっちゃなカラダに、飛ぶメカニズム込みで生きる仕組みを搭載しているかと思うと、スゴイですよね。ドローンの軽量化も進んでいますが、それでも最軽量モデルが約100gですから。

 さて、動物の驚くべき能力を機械で再現しようと、アメリカの一流大学から選ばれた学生エンジニアたちが奮闘する番組がスタートします。世界最大級の動物チャンネル・アニマルプラネットで、全13回が放送される『再現チャレンジ!動物なりきりマシン』です。

 たとえば、ワシやタカといった猛禽類には、上空から水面近くにいる魚を見定めて降下し、鋭い爪で捕まえる種がいます。日本の水辺でも、ミサゴ(英名はオスプレイ。米軍機の名前の由来となったタカ)が魚を捕まえている場面が、よく見られます。これをマネようとする回では、学生たちは機械を開発するだけでなく、ジップラインで上空から水面めがけて滑空したり、足に装着した器具で魚をつかもうとしたりと、カラダを張ってがんばっていました。

 ほかにも、「類人猿のようにぶら下がって移動する腕を再現できるか?」「イルカのように高くジャンプしながら泳ぐことはできるか」といった再現テーマがいっぱい。エリート学生たちのマジメ一辺倒ではないチャレンジを、笑いながら楽しんじゃいましょう!

文/櫛田理子

注目番組!
『再現チャレンジ!動物なりきりマシン』4/9(火)スタート!毎週火曜21:00〜ほか(アニマルプラネット)

月に日曜日が5週の場合は、第1週を除いた日曜日に更新いたします。